住宅(一戸建て・マンション・土地)を真剣に選ぶ!


私は現在住んでいる場所を見つけるのに4ケ月(2003年1月〜2003年5月)かかりました。
しかし、この4ケ月はとてつもなく私にとって密度の濃い4ケ月でした。
この4ケ月間については別の機会にお話しますので、まずは住まい(一戸建て・マンション・土地)
探しに関して私の思いを以下に述べます。

住まい探しは真剣勝負です。安易に決めてはいけません。

様々な住まいの最新物件情報を入手し、実際に自分の目で確かめなくてはなりません。
住まいに関する情報は多ければ多い程、大変参考になり貴方自身を助けてくれます。
貴方にとって本当に価値ある情報は貴方自身が必死に探さなくてはならないのです。

それには理由があります。
貴方自身が行動しないなら、誰も貴方に情報を提供してくれないからです。
さぁ、今からもっと真剣に貴方が住む住居に関して必死に取り組みましょう。

幸いな事に、有料・無料に関わらず住宅(一戸建て・マンション・土地)の情報は数多く存在します。

一戸建て(新築・中古)の場合は、数多くの情報の中でも利用価値が高く貴方の希望に見合った
物件情報を持っているのが不動産屋(不動産仲介業)です。
貴方が希望しているエリアで営業している不動産屋(不動産仲介業)へ相談しましょう。
できれば可能な限り多くの不動産屋へ足を運びましょう。
なぜなら、その不動産屋だけが他の不動産屋よりも早く物件情報を持っている事があるからです。
これを未公開物件情報といい、住宅情報誌や広告(ポスティング)で一般公開されるよりも断然早く
貴方は希望するエリアでの物件情報をその不動産屋より入手する事が可能です。

マンションの場合は、マンション情報誌はもちろんの事、希望エリアを定期的に自分の足で実際に
歩いてみる事をお薦めします。新築マンションなら、マンション建設にあたる初期の動き
(建築の表示/看板)などが把握でき、超早い段階での購入検討が可能です。


住まい探しにおいては、何事も順調に進むという事は絶対にありません。
でもあきらめないで下さい。
例えその場であきらめたとしても、また必ず同じ問題にぶつかるのですから、
そこから逃げずに踏み止まり、何とか前進しましょう! だって貴方自身の事なのですから!!
ホームプラザ
←例:
  このようなマンション紹介サイトを利用し、情報や知識を自分のものにするのも
  ひとつの方法です。
  気になる物件があれば勉強も兼ねどんどん積極的にアプローチしましょう。
マイホーム報告書トップページへ戻る